加工情報
加工情報

カニが続々市場へ、天然物はさらに20日後

2007年08月31日        情報源:人民網    
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント
様々な品種のカニが28日、北京市の水産市場へ次々と卸されたが、陽澄湖産大閘蟹(上海蟹)だけがまだのようだ。ミソや身がたっぷり詰まった上海蟹を味わうには、さらに20日前後待つ必要がある。「北京娯楽信報」が伝えた。

  今年の陽澄湖産上海蟹は「指導価格」を制定しなかったものの、水揚げ量及びコスト高騰などの影響で、価格は平年より高くなるという。

  水産卸市場によると、ハシリのカニが水産市場の大半を占めており、価格はどれも去年より1割前後低いという。これは品種の多くが人工養殖されているためで、この時期に出回るカニは天然ものではないために価格も若干安くなる
中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
関連記事
関連記事が見つかりません。
       
精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業

パートナー&友好リンク
中日之窗 チャイナネット 新華網日本語 中日BBS 日本JETRO 人民中国  日中教育 来華留学 日本留学情報
日本留学展覧会 毎日北京 北京旅行   在日本中国大使館 在中国日本大使館 国際教育フェア 日中産学官交流 中国人材センター