加工情報
加工情報

レストランの「消毒済み食器」、中国人には大ひんしゅく

2008年03月20日        情報源:新華社    
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント
新華社吉林:最近レストランなどではよく、薄いビニールに包まれたお椀や皿、スプーン、コップなどがテーブルに出されるようになっている。これらは、専門サービス会社によって洗浄、消毒が施された消毒済み食器だ。もともとはお客さんを安心させるために始まったサービスだが、中国市民の間では必ずしも歓迎されているわけではないようだ。
「消毒済み食器を見ると、はっきりいってむかつくんですよ。まあ、安全のことを考えてのことなんでしょうけど、われわれに選択権はないわけですからね。ふつうの食器がないわけだから、お金を払って消毒済み食器を使うしかないんですよ。一方的なおしつけサービスといわざるを得ないんじゃないですかね」。吉林省長春市のある学校で教師をしている王新宇さんは憤慨してこう語った。
長春市の紅旗街近くのいくつかのレストランを取材したところ、それらのレストランはほぼ全て、消毒済み食器を使っていた。その使用料金は1元から3元。消毒済み食器は使いたくないといったところ、レストラン側の回答は、「割り箸以外、そのほかの食器はない」というものだった。
長春市消費者協会のある関係者は次のように話している。「消毒済み食器はお客さんの健康、衛生面のことを考えて使用されているが、お客さん側に受け入れてもらうには時間が必要。レストランがその使用を強制するようなやり方は好ましくない」。
【翻訳編集:JCBB(K.K)/ G-SEARCH】

中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
関連記事
関連記事が見つかりません。
       
精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業

パートナー&友好リンク
中日之窗 チャイナネット 新華網日本語 中日BBS 日本JETRO 人民中国  日中教育 来華留学 日本留学情報
日本留学展覧会 毎日北京 北京旅行   在日本中国大使館 在中国日本大使館 国際教育フェア 日中産学官交流 中国人材センター