加工情報
加工情報

四川大地震、169カ所の重点文化財が被害

2008年06月10日        情報源:人民網日本語版    
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント
国家文物局は四川・甘粛・ 陝西・重慶・雲南・山西・湖北の文化財行政部門から5日現在の文化財の被害状況に関する報告を受けた。それによると、全国重点文化財保護単位169カ所(うち2カ所が世界遺産に指定)、省級文化財保護単位250カ所、各館所蔵の文化財2766点(うち重要文化財292点)が何らかの被害を受けた。四川省での被害状況は最も深刻となっているが、都江堰や大足石刻などの最重要文化財は今回の地震の被害をなんとか免れた。甘粛省・天水の麦積山石窟や、西安・始皇帝陵墓の兵馬傭の接合部分には亀裂が確認された。世界最高の木造建築として知られる山西省応県の木塔は無事だった。

  初歩的な推定によると、これら文化財の修復にはおよそ60億元、時間にして約5年かかるとされる。(編集KA)

   「人民網日本語版」2008年6月7日

中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
関連記事
関連記事が見つかりません。
       
精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業

パートナー&友好リンク
中日之窗 チャイナネット 新華網日本語 中日BBS 日本JETRO 人民中国  日中教育 来華留学 日本留学情報
日本留学展覧会 毎日北京 北京旅行   在日本中国大使館 在中国日本大使館 国際教育フェア 日中産学官交流 中国人材センター