加工情報
加工情報

中国最北端の「漠河空港」が開港

2008年06月19日        情報源:人民網日本語版    
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント
中国最北端で緯度が最も高い「漠河空港」が18日、正式に開港した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  漠河観光局の常彬・局長は「漠河は『中国の北極』と呼ばれ、豊かな自然と観光資源に恵まれている。漠河の交通条件を改善し、観光産業の発展を促すため、黒竜江省は中国最北端で緯度が最も高い民間空港の建設を決めた」と紹介した。

  漠河空港は06年6月21日に着工、滑走路は長さ2100メートル、幅45メートル。駐機場の広さは1万2320平方メートル、大型航空機2機の離着陸が可能。この事業には2万3608万元が投資された。

  北京-哈爾濱(ハルビン)-漠河路線が同日から就航。南方航空のA320型が1日1便ずつ運航する。(編集KA)

  「人民網日本語版」2008年6月19日
 

中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
関連記事
関連記事が見つかりません。
       
精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業

パートナー&友好リンク
中日之窗 チャイナネット 新華網日本語 中日BBS 日本JETRO 人民中国  日中教育 来華留学 日本留学情報
日本留学展覧会 毎日北京 北京旅行   在日本中国大使館 在中国日本大使館 国際教育フェア 日中産学官交流 中国人材センター