加工情報
加工情報

中国ロケット発射場、対外開放へ

2008年11月07日            
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント

中国の4カ所目のロケット発射場に関する研究報告が国務院の認可を経て、近く海南省文昌市で正式に建設が始まる。この文昌航天発射場は完成後、中国で初めて完全に対外開放された、国際協力を幅広く展開していく発射場となる。「中国文昌航天発射センタープロジェクトと現地経済社会発展についてピークフォーラム」の上で明らかになった。
総装備部の夏長法副参謀長は、文昌航天発射場の完成後の重要な任務は、対地同期軌道衛星、大型極軌道衛星、大型宇宙ステーション、超高空探査衛星などの打ち上げで、中国の宇宙開発事業における総合能力を大きく向上させることになると紹介。
中国は現在、内陸部に酒泉、太原、西昌の3つの発射センターを持つ。文昌航天発射場の建設事業は2012年に完成、2013年にはロケットの打ち上げ条件が整う計画だ。


中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
関連記事
関連記事が見つかりません。
       
精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業

パートナー&友好リンク
中日之窗 チャイナネット 新華網日本語 中日BBS 日本JETRO 人民中国  日中教育 来華留学 日本留学情報
日本留学展覧会 毎日北京 北京旅行   在日本中国大使館 在中国日本大使館 国際教育フェア 日中産学官交流 中国人材センター