加工情報
加工情報

北京市観光部門、北京の魅力を東京でアピール

2008年11月11日            
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント

人民日報の報道によると、北京修学旅行説明会が4日、東京で開かれた。五輪後の北京観光のキーワード「新北京のランドマーク、新北京の文化、新北京の生活」は日本の各界の人々に強い印象を与えたようだ。「新華網」が伝えた。

北京市観光局の顧暁園・副局長は説明会で、「北京は長年の努力を経て、修学旅行先として日本人生徒に最も好まれる目的地の一つとなった。毎年中国にやってくる生徒のうち80%は北京を訪れる。北京市観光局は5日、日本の旅行代理店に向けて7つの政策措置を打ち出し、北京観光の普及と奨励のために200万元を割り当てた。日本の旅行代理店が北京ツアーを組むことを支援するためだ」と述べた。

北京市観光局・北京市教育委員会・旅行代理店7社・各区県観光局の代表者ら60人近くは今回、日本に赴き、「北京に行こう、五輪の余韻を楽しもう」をテーマとした観光促進活動を展開した。五輪のブランド力を打ち固め、五輪後の新北京の観光資源を売り込み、外国人向けの観光業の着実な発展を促し、修学旅行生を含む日本人観光客をより多く北京にひきつけるためだ。代表者らは、日本国土交通省観光庁の主要担当者や日本の観光業界の重要人物と会うほか、東京・大阪・福岡で4回にわたる旅行説明会を開く予定だ。そのうち2回は修学旅行の特別説明会となる。


中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
関連記事
関連記事が見つかりません。
       
精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業

パートナー&友好リンク
中日之窗 チャイナネット 新華網日本語 中日BBS 日本JETRO 人民中国  日中教育 来華留学 日本留学情報
日本留学展覧会 毎日北京 北京旅行   在日本中国大使館 在中国日本大使館 国際教育フェア 日中産学官交流 中国人材センター